Butch 今までありがとう

我が家の愛犬 Butch君は
7月23日の朝 一足先に天国へお散歩に行ってしまいました。
父がBlogに細かく病状や近況を載せていたので、
私はあまり彼について自分のBlogで書くことはしませんでした。
約2週間経ちましたが、可愛かった、いてくれて幸せだった。
と思うと共に、日に日に寂しさが募ります。
寂しさと、可愛かったなぁ、会いたいなぁという気持ちと
もっともっと色々してあげればよかったと思うことの後悔。
まだ、首輪やブラシに匂いが残っていて、嗅ぐと
もう肉体として存在していないことが信じられない気持ちになります。
これからはいろいろ思い出しては写真と思い出をのせてみようかなぁ。
とおもいます。
本当にやっておいて良かったと思っていることは
亡くなってしまってから、思う存分腕に抱いたこと。
おなかが腫瘍で腫れていて、呼吸があらく、
とても抱けなかった。だっこされるのが大好きだったのに。
その感触は今でも鮮明に残っています。
大切な存在を失ったとき、
魂が抜け出た肉体は脆く壊れてしまいそうだけど、
怖がらずに触れて、お別れすることを
お勧めしたいです。

Maya

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *