名前が決まりました。

ブリンドルだったら丹波の「くろまめ」。
にしようとおもっていたのに。
あっ、フレンチブルドッグに詳しくない方はわからないかしら?
黒い子はブリンドルといいます。白い子はクリーム
茶色い子はフォン。柄が入っている子はパイド。
うちの子はパイドで片パンチ(片目のところが黒い)で黒いところに
フォンの差し毛が入っています。耳がくるりと巻いているので、
「くるり」を提案し、学校へ。
学校にいたらお昼に父から突然の電話。
「GUYになったから!強そうだし。良い?」
とのこと。学校のみんなにも発表。
みんな名前が決まって良かったね〜!といってくれました。
夕方にメールが…
「Gabrielに改名しました!」
鍛金研究室に激震が走りました(笑)
ということで
Gabrielに決定!通称ガブです。
おとなしそうな振りをしていただけで、
彼はそうとうやり手です!がぶがぶしてます。
Butchは家具をかじったことはなかったのですが、
結構苦労しそうです。

可愛い、小さい!

朝から撮影会。
ご飯をなかなか食べずに見届けてから学校行くことに
しました。
あぁ、このままだと遅刻だぁ(9:30までに延長ださねばならぬのです。)
まぁ今日は仕方ない♪
名前、なまえ、なまえ…
決まらないから呼べない!
小さいなぁ、子犬の匂い。Butchのことをすごく思い出す(;。;)。

Maya’s

フレブル君 襲来


京都に来た訳は、
フレブル君を迎えに来たのです。
パンチのブサカワイイ 3ヶ月の子です。

このフレンチが母親、フレブル君は母親のDNAを受け継いだようです。
車に乗って、30分もしないのに車酔いでグッタリ。
途中、胃の中の物が出きったようで、次第に元気になったので一安心
休み休み、様子を見ながら10時間かけて帰宅しました。

家では、Mayaがお待ちかね、抱っこされたフレブル君
3ヶ月の子だが、小っちゃいね〜

つ、ついに襲来!!

ご両親がお仕事で沼津に行きました。
そして、その足で京都の丹波へ…。
そして家族が増えてこちらに向かっております。
雪の京都から、ついに2代目フレンチブルドッグ♂がやってくる。
名前はまだない。
携帯で写真が送られてきた。
今日の22時くらいには逢えるはず。