ダイヤモンド・ソーとリューターのオーバーホール

20130818_Diamond_saw ダイヤモンドソー修理
ダイヤモンド・ソーの小さい方

ドライブプーリーのベアリングが錆びて完全にロック状態になって使用不能に
ステンドグラスを制作するには欠かせない工具、20年近くも使っているので無理もないか・・・
分解してみるとベアリングがロック状態で使用していたようで、
ドライブシャフトが2ミリほど摩耗している。
ドライブシャフトの摩耗した部分はMayaに頼んで肉盛溶接して対処。
最近、立て続けに周りの工具、掃除機、電気製品と故障が相次いでいます。

ついでにプロクソンのリューターも修理しました。

Click⇒ ダイヤモンド・ソーとプロクソン・リューターの修理

V’s

 

Continue reading ダイヤモンド・ソーとリューターのオーバーホール

アートグラスを寸法詰め(青山ケンネル・本店)

青山ケンネル・アートグラスの切断ライン
青山ケンネル・本店に10年ほど前に納品したカウンタートップのアートグラスですが
ガラスを切って寸法を半分ほどにして欲しいとのご依頼が有りました
受付のリフォームに伴い、カウンターのレイアウトとサイズを変える事になった様です。

10年の時間を経てガラストップにはアチコチ傷が付いていたり、
経年変化有りですが、引き続きお使い頂けるとは、有難い限りです。

V’s

 


アートグラスのサイズを小さく変更(青山ケンネル・本店)

01.
青山ケンネル・本店で10年間 お使い頂いたアートグラス
寸法詰めの為、一時里帰り。

02.
ほぼ真ん中の此のラインで切断します、サンドブラスト加工有り、
ベベルドグラスやフューズドグラスを接着していたりと、少々厄介です。

03.
無事、スッパリと切断することが出来ました。

04.
切断面、コバを丁寧にラウンド研磨してツヤ出し、終了!

 

 

サンドブラストのフットバルブ分解修理

サンドブラスト・フットバルブ 分解修理 20130518_145248
ステンドグラスやガラスのエッチングに活躍してくれているのだが
此の所、ノズルから研磨材が漏れるようになったので
直圧サンドブラストのフットバルブを分解。

サンドブラスト・フットバルブ 分解修理 ゴムシート交換 20130518_151728
フットバルブのゴムが研磨材で削られ傷ついています
プラスティックのバルブ本体も研磨剤で削られて若干変形しているのでサンダーで修正。

サンドブラストの処理時間短縮に、、研磨力の有るデンシックを使っているため
ボロンノズルの摩耗もアルミナよりも損傷が激しい様です。

交換部品でストックしていたゴムシートは交換前のものに比べ
柔軟性が有り、交換後の感触は良好。

V’s

フクロウのステンドグラス(久永真也 作)・修復 其の壱

久永真也作・フクロウのステンドグラス 修復、其壱 手慣れた筆さばきの味わいの有る絵付け
久永真也(1990作) フクロウのステンドグラスの修復
サイズは140 x 600程度の小さなパネルです。

メインとなるフクロウ部分のガラスが大きく割れています
他に、破損しているガラスが4枚程。
非常に手慣れた味わいのあるグリザイユ絵付けです。

取り敢えずパネルをトレースしてから、分解してみます。

Continue reading フクロウのステンドグラス(久永真也 作)・修復 其の壱

面取りステンドグラスの修復 (蕨市・マンション)

修理したステンドグラスをドアにはめ込み、取り付けました。
ドアに取り付けられた面取りステンドグラスの修復依頼を受けたのが 年末で、
面取りガラス部分を含む計9ピースが割れた状態でした。

現地で破損状況を確認、その場でドアごと持ち帰ることになり
パネルの分解、面取りガラスの加工 ケイム組立と
昨年内に仕上げた状態で保管していた面取りのステンドグラス修理・修復のビフォー・アフター

TIFFANY オリジナルのランプを修理


テーブルの上から落下し破損した TIFFANY オリジナルのランプを修理しています
現在では入手できないTiffanyオリジナルのガラス、
数十箇所ヒビが入っています。
幸いにも欠損部分がないので 依頼主のご希望もあり
割れたところは樹脂で修復することになりました。
半田が引き千切れた部分は、ガラスを取り外して
Copperfoilを巻き直すことになります。