木蓮と藤のステンドグラス・いずみ幼稚園 Making

IZUMI_Stained_glass01木蓮と藤のステンドグラス・デザイン画

20140701_Wisteria藤と木蓮のステンドグラス
3枚組の内、左と中央のパネル 原寸大に拡大
これを元に、ガラスカットラインを修正し型紙を作成します。

20140730_Magnolia_Pattern木蓮と藤のステンドグラスパネル ガラスカット用の型紙作り

3窓で一組のデザインの内、真ん中のパネル
このパネルだけで700ピース超え、
3パネルで2000ピースにも成ってしまいます。

20140816_Magnolia_glass_cuttingガラスピース数が多く、作業が進みません。

デザインとの印象の違いが生じないように
型紙自体に色が付いているため、
ガラスカットの進捗状況が一見して分かりにくいのがデメリット?

背景のガラスを切れば 進んだ感は有るのでしょうが
暫く、我慢、我慢、

20140820_Magnolia_Glasscut藤のガラスもほぼカットし終わって
背景のガラスを切り進んでいます。
現場に設置すると取り付け場所が高い位置
空しか見えない環境なので クリアー色のガラスは
テクスチャーの強弱、サンドブラスト加工
そして、シルバーステインの焼付けなどで変化をもたせ
モクレンは一輪一輪、表情を変えてガラスを選んでいます
花の形は実際にはこんな形状では無いだろうというような
個性的なデザインをあえてしています。

ガラスカットし終わったピースは
形状を再確認してからカッパーフォイルを巻いてもらっています。

20140824_Magnolia_Glasscut3枚目のパネルもガラスカットが終わりました!

背景のクリアーガラスにシルバーステインでアクセント付けしてます

カッパーフォイル巻きもほとんど終わり
良い感じに仕上がりそうです。

20140824_Magnolia_Soldering_01木蓮と藤のステンドグラス 一枚目の半田付け
真鍮の補強フラットバーをガラスの間に仕込み 点ハンダで仮止め

20140825__Magnolia_Soldering_01表側のハンダが終わって、見付15ミリの真鍮枠をセットします。
ジュエルが出っ張っているのでスペーサーを入れて裏返し、
これから、裏面のハンダを流します。
パワフルな半田ゴテのお陰でストレス無く作業が進められます。
只、コード長があと1M程長ければアクセスが良いのだが、、、

20140825__Magnolia_Soldering_02木蓮と藤のステンドグラス 右側のパネルが仕上がりました

20140826_Magnolia_Soldering木蓮と藤のステンドグラス 左のステンドグラスパネル

20140826_Magnolia_Soldering_01中央のパネル
半田付けの準備、組台にガラスを形状確認しながら全て移動

20140827_Magnolia_Soldering_02木蓮と藤のステンドグラス、 中央のパネルの仕上がり

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *