修了制作・右手の様子


上の状態から金鎚で叩いていくだけであら不思議何となく右手になってきました。
まだ粗造りの段階ですが、このように量感を作っていきます。
鍛金技法は、回転体で量を移動していくので、ねじれたり、形がずれたりします。
塑像のようにとってつけてとするわけではなく、どこかを叩けば必ずその他のところに影響が出るので、
それをどうコントロールするかが重要です。

Maya’s

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *