卒業制作展 無事終了。

昨日無事に搬出作業が終了しました。
来て下さった皆様有り難うございました。
ずっと会場にいたのですが、タッチの差で逢えなかった方
申し訳ありません。
今からお礼状の準備に取りかかります(^_^)
この後 一週間くらいは院試の準備になりそうですが、
2月下旬 落ち着いたら色々と計画しておりますので、
皆様 これからもどうぞ宜しくお願い致します。

卒業制作展が始まりました。

29日から始まった東京藝術大学卒業・修了制作展
土・日ということもあり、たくさんの
お客様に来て頂きました。
有り難うございます。
連絡先を頂いた皆様には改めてお礼状を
送らせて頂きます_(._.)_

多くの方に興味を持って頂いて本当に
嬉しく思っております。
鍛金という技法そのものを説明することは難しいのですが、
まず、作品を楽しんで頂くのが一番だと思い、
今流行りの「詳しくはWebで!」形式にしております。(^▽^)
明日からも会場におりますので、どうぞお越し下さい。
(他の会場を見に行っている場合もありますので、
不在の場合は、電話して下さい。)

Maya’s

写真撮影

今日はプロのカメラマン、丸子成明さんに撮影をして頂きました。
初めての経験だったので新鮮で面白かったです。
逆さまで見ていたり、

ライトがいっぱいだったり、(最終的に6個くらい。)

ポートフォリオに使えるように、
デジでもいっぱい撮って下さいました。
丸子さんの写真は、また改めてHPで。
これからは
卒業制作展準備と院試と我がアトリエ、GALLERY&SHOP計画の
同時進行です。ますます忙しくなりそう!

Maya’s

卒業制作・完成!!

すっぴんですね…
均し打ち、接地部分の処理も終わり、
色上げです。
上半身の硫化に合わせ、スカートも硫化。
ついに念願のおはぐろ液を使えます。
鋳金研究室のお世話になり、
半年以上を掛けて育てたおはぐろ液は
私には良い匂いに思えました。
鋳金研究室の皆様、本当に有り難うございました。

液の出来は結構良いらしく、想像以上に
荒らし部分に鉄粉がつき、
均し部分は甘栗色のほどよい艶が出ました。
硫化も良かったのですが、渋い仕上がりです。
本当に色々な経験が出来た卒業制作でした。
でも、全く終わった!という気持ちにならないのはなぜでしょう。
展示がまだだから…?

Maya’s

当盤か当て金か

学校が始まりました。
当盤と当て金…
この2つにはメリット、デメリットがあります。
悩んだ末、大型の当て金を使わせてもらえる
ことになったので、スカート部分を3段に分けて溶接します。

一段付けて、色上げ、図録写真撮影(1/7)
その準備

Maya’s