積層ガラスについて

Layered Glass


玄関部・積層ガラス 積層ガラス・(非接着)
Stacked Glass


シェラトン ガラスの泉 UV接着・積層ガラス
Laminated Glass with UV Adhesive

 


積層ガラスについて


積層ガラスは、加工した板ガラスを重ね合わせることで、
立体的に、ガラスならではの美しさを見せる技法です。

積層ガラスでは、小口(切断面)の処理によって、
レリーフ加工やロゴ等を入れることができ、
インテリア、エクステリアともに存在感のあるおすすめのアイテムです。

透明感を生かしながら、テクスチャーによる目隠し効果も得られるため
積層ガラスは、照明やオブジェのほか、パーティションにも最適です。

当工房では、用途やデザインに応じて、
非接着・積層ガラスと、紫外線硬化形接着・積層ガラス
2種類の工法による積層ガラスをご提案しております。


非接着・積層ガラス・Stacked Glass without Adhesive

・ガラス支持金物が必要ですが、接着工法に比べてコストダウンできます。
・接着せず積層するため、長大な作品の施工が可能になります。
・背後から光が入らない壁面でも、積層背面にミラーを設置することで、
奥行きが生まれ、室内空間に広がりを与えます。

安全性
・局部的な衝撃を受けた場合でも、その部分のみの破損で済み、
分解、再組立の補修が可能です。
また、支持枠のネジレ・変形に対してガラスが追従するため、耐震性に優れています。

おすすめの用途

・ファサードの壁面オブジェ
・エントランスホールの壁面ガラス装飾
・室内のガラスパーティション


UV接着剤による積層ガラス・Laminated Glass with UV Adhesive

・重量物は現場搬入が困難なため、現場施工 もしくは、
重量物運搬施工業者による搬入・設置になります。
(現場での接着施工に於いては、溢れでた接着剤を回収、ガラスのクリーニングが出来る環境を要す)

・非接着積層ガラスにくらべてコストが上がりますが、自立作品の制作が可能になります。

・照明器具、壁掛け、オブジェなど小作品・室内装飾はもとより
屋外にも設置が可能で、パーティションや水景に使用されます。

おすすめの用途
・ガラス家具・照明・オブジェ・看板
・屋外のパーティション・水景オブジェ


御質問は、Contact ・コンタクトフォームで。