About us

アートグラス造形作家・若林茂人
メタル&グラス造形作家・Maya

ステンドグラス、積層ガラス、装飾ガラス全般、
ガラスを主素材としたアートワークを創作。
金属とガラスのコラボレーション・アートワークなど
デザインから制作、設置まで作家による一貫した対応で
高品位で多彩な作品をご提案致します。



Vis-à-Vis

若林 茂人
Glass Artist / アートグラス造形作家

北海道、利尻島に生まれる。

1975年4月~1979年5月
ロボット・コンピュータのエンジニアとして
パリを拠点にOKI・ヨーロッパ駐在勤務。
その折、光のアート・ステンドグラスと出会い、
各地のステンドグラスを探訪する。

1982年4月
ステンドグラス作家へと転身。
ステンドグラスの制作基礎技術を習得するため
ステンドグラス技法とエナメル絵付けの基礎技法、
コンテンポラリー・グラスデザインを学ぶ。

1983年
フラジールアート・コンテスト 1位受賞 (San Diego CA. USA)

1985年3月まで
ステンドグラス工房でチーフ・アシスタントとして勤務、
アートグラス制作技術を高める。

1985年11月
アトリエ ビザビ 設立

代表作品
特別養護老人ホーム・グリーンヒル(八千代市)ステンドグラス
神奈川県立横浜国際高校(県立・六ツ川高校)ステンドグラス
葛飾区 郷土と天文の博物館 ステンドグラス
横浜市北部地域療育センター・水治療室 ステンドグラス
ダイナミックオーディオ ステンドグラス
パークハウス三番町 積層ガラスの柱
福井地裁・堂本印象画伯「楽園」のステンドグラス・制作において 絵付けを担当する

他、公共施設、商業施設、個人邸における施工実績多数

1990年
日本板硝子 11回ショップ&インテリアコンテスト|奨励賞
1993年
日本板硝子 14回ショップ&インテリアコンテスト|関東エリア賞

個展
2000年
若林茂人 ガラスの世界展 | ギャラリー 八重洲・東京

Click⇒ 情報誌掲載記事・インデックス



Maya’s

若林 真耶
Metal & Glass Artist / 鍛金・ガラス造形作家

Homepage ⇒ Maya’s Works

Bio
1983年、ガラス作家の父の元に生まれる。
幼少よりヴィヴィットな色彩と透明感、
繊細さと力強さといった両極の面を併せ持つガラスに
他のメディアにはない魅力と表現の多様性を感じていた。
また、ガラス作品の制作に用いられる金属の質感に惹かれ、
金槌で金属を直接造形する鍛金技法、とりわけ板金を鍛造し、
中空でありながら堅牢な造形の制作を可能にする
絞り技法を本格的に学ぶため、東京藝術大学工芸科に進学。
同大学院鍛金専攻を2013年に修了する。
在学時 から一貫して、
精神や心といった「目に見えない存在」に強い興味を持ち、
人が自然に抱くイメージとの類似性から着想を得た作品を制作している。

現在、
ギャラリーでの個展を中心に、
国内外のアートフェアで作品を発表している。

Education
2013 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程工芸専攻 鍛金 修了
2011 東京藝術大学美術学部工芸科鍛金専攻 卒業